YUJI HONDA Official Blog

ギタリスト×イベンター×ビジネスマン 3足のワラジを履く一児のパパブログ。

ギターを弾けるようになるための心構え

私は精神論の話は好きではありません。

精神論で上手くなるようになるなら苦労しないですし、特に初心者など具体的にどうやれば良いか分からない方に対して、見て覚えろ的なレクチャーをしても、習得することは難しいです。

 

そこで、これまで効率的に上達するためのヒントを、出来るだけ論理的に、かつ具体的に情報提供して来ました。

これからもこのコンセプトは変えずに、色々と情報をご提供していきたいと思っています。

 

 

しかし、ギターにおいては特に思い通りに弾けない期間があり、そこを乗り越えるために精神論が必要な時もあります。

 

具体的には、ギターを弾くモチベーションを維持するためにどうするか、ということです。

 

モチベーション維持に効果的な方法を紹介しますので、イマイチギターをやる気がしない時などに参考にしてください。

 

①自分の憧れのギタリストのライブを観に行く

 

ライブを見た後、思いっきりギターを弾きたくなるはずです。現実とのギャップに落ち込む可能生もありますが…(笑)

自分の目標を再確認するという意味でも良い行動だと思います。

YouTubeで見るというのでも良いのですが、確実にライブの方がテンションが上がりますので、やる気の高まる割合も高いです。

 

②ライブを行うなど、他人から見られる機会を作る

 

例えば、ライブで人前で演奏する、レッスンを受けて講師の前で弾く、ギタリストが出演できるイベントに参加する、動画を撮影する、など、他人から見られる状況に自分を追い込むことで、練習に身が入ります。

人から見られる環境づくりは非常に大切です!

 

③練習を習慣化し、練習しないと気持ち悪いぐらいの状態にする

 

皆さんは食事や睡眠を必ず摂りますよね?

12時になればお腹が空き、3時になればおやつが食べたくなり…それくらい何も考えなくてもギターを弾かなければ違和感ある状態にしてしまうことです。

習慣化するためのコツは、一気に長時間やるのではなく、毎日15分ずつでもいいので、欠かさず取り組むことの方が大切です。

※一気にやってしまうと、その後「疲れて続かないリスクがあります。

 

ギターを上達するには練習は欠かせません。

そして上手くなっていくに連れて、モチベーションが上がらないという状態から脱出することができます。

 

無理せず、着実にやっていくことが結果的に上達への近道となりますので、上手く自分のモチベーションをコントロールしながら頑張っていきましょう!

 

f:id:a00j129:20180925160211p:image

 

YUJI HONDA