YUJI HONDA Official Blog

ギタリスト×イベンター×ビジネスマン 3足のワラジを履く一児のパパブログ。

オススメの歪みエフェクター「Diezel VH4 Pedal」

ギターの音を変化させるものとして、エフェクターというものがあります。

音を反響させたり、エコーをかけたり、はたまた音を歪ませたり…その中でも特にロックギターをやる場合に必要になるのが、歪みエフェクターと呼ばれるものです。

ディストーション(めちゃ歪む)やオーバードライブ(ちょっと歪む)という名前のエフェクターがそれに当たりますが、この歪みエフェクターで特に私が買ってよかったと思ったものをご紹介します。

実際に私がお金を払って買って試したもののみをご紹介します。

 

まず今回は以下のエフェクターです。

 

■Diezel VH4 Pedal

f:id:a00j129:20180925173103j:image

 

これはDiezelというギターアンプメーカーが出しているディストーションペダルです。

 

特筆すべきは、高級アンプ(4、50万円はする)DiezelのVH4にすごく近い音がこのディストーション(4万円ほど)一台で出せるというところです。

つまり、スタジオやライブハウスなどに常設されているギターアンプをこの値段で再現してしまうところにあります。

しかも、大きさがそれなりにあるので重さもあるのかと思いきや、めちゃくちゃ軽いです!

ということで、すごくオススメのディストーションです。

 

ギターアンプのツマミは主に

 

Gain(歪みの量の調整)

Volume(音の大きさの調整)

Bass(低音域の調整)

Middle(中音域の調整)

Treble(高音域の調整)

Presence(超高音域の調整)

※Resonance(超低音域の調整)ツマミがあるアンプもあります。

 

というものが存在しています。

このツマミの調整で音を作っていくわけですが、アンプメーカーによってこのツマミの効き方が異なるため、音作りが難しいのです。

 

このDiezelのVH4 Pedalの特徴として、Presenceをしっかりあげることで、美味しい帯域の音が出てきます。

オススメは、ハムバッカーのピックアップであれば15時近くまで思い切って上げてみてください。

ハムバッカーが搭載されたギターのオススメセッティングを載せておきますので、参考になればと思います。


f:id:a00j129:20180925175913j:image

 

※DEEPというツマミがありますが、これはResonanceとほぼ同じ効果です。

 

そんなわけで、私のようなアンプを持ち運んだりが容易にできないサラリーマンギタリストにはもってこいのエフェクターです!

 

YUJI HONDA